失敗をしない大阪矯正歯科の選び方!歯科医の常識を解説

サイトマップ

矯正歯科

矯正歯科と体の関係

歯並びを改善するだけで体の変化が起こる事実を知っているだろうか? 最近の研究では様々な病気と噛み合わせが密接に関係していることがわかっています。 その中で代表的なことが胃腸改善がその一つです。 歯は消化器系の中でも重要な臓器のひとつと考えられています。 その理由は、噛むことは唾液を分泌させ、唾液に含まれる消化酵素と食べ物を混ぜ合わせ、消化しやすい状態にしてから胃に送り出します。唾液の分泌は、虫歯や歯周病の呼ぼにもつながります。 さらに噛む行為が脳の活性化の働きを助けます。
もし、歯並びが悪ければ食べ物を小さくかみ砕くことができずに胃に消化することなく送り込んでしまうと、食べ物を十分にかみ砕くことを忘れ飲み込むことを覚えてしまいます。 そうなると消化吸収作用が著しく低下し、年を取るごとに年々、胃腸が悪化してしまいます。 さらに胃腸だけでなく、歯並びがいいと口元の見た目も美しくなりますし、よく噛むことで顔の筋肉が鍛えられることで、肌が生き生きとして肌荒れなどの防止にもつながってきます。
また、噛み合わせが悪い人とそうでない人で比べると、肩こりや頭痛になる確率も変わってくるといわれています。 以上のことを考えますと、歯並びひとつで体中の働きが大きく変わってくることがわかります。

Recommended Contents