失敗をしない大阪矯正歯科の選び方!歯科医の常識を解説

サイトマップ

矯正歯科

大人の歯列矯正の料金はどれくらい?

綺麗な歯

一般的に大人の歯列矯正は、子供の頃に行うものよりも割高になると言われています。そして大阪などにある矯正歯科の一般的な矯正治療では保険適用がなされないため高額です。ここでは大阪を始めとする矯正歯科で行われる、部分矯正やマウスピース矯正、インプラントなどではない、歯全体をワイヤーを使用し矯正する場合の相場について書いていきます。だいたい、ワイヤーによる子供の歯列矯正が30万程度なのに対し、トータルで70?100万円かかると言われています。大人になってからの矯正の方が時間もコストもかかります。この金額は、器具によっても異なりますが、表側にワイヤーをつける表側矯正においての相場であり、ワイヤーを見えないように透明の装具にするとさらに追加され、だいたい10から15万円がさらに上乗せされます。そして、裏側にワイヤーの装置をつける場合は100万から150万がかかると見ておいた方が良いでしょう。
ただし、医療費控除を行うことによって、支払った金額の一部が帰ってくるというケースもあります。これは審美目的ではなく、あくまでも噛み合わせを直したいという目的で歯列矯正する場合に適用されます。その際にはその旨を書いた医師の診断書が必要です。医療費控除というのは、年間に10万以上の医療費の支払いがあった場合に適用される制度です。ですので、それが適用されれば多少は安く済ませることができます。大阪の矯正歯科を利用する際は確認しておきましょう。

歯列矯正のおおまかな流れ

昨今、歯に矯正器具をつけて、歯列矯正をしている人をみかけることも多くなりました。大阪にも多く見かけられます。
歯並びに自信がない人は受診を考えるも、どういった流れで治療が進んでいくのかわからず不安、という人がいます。
歯列矯正の大まかな流れは、まずは大阪なども矯正歯科に赴き、どの程度矯正したいかカウンセリング、相談となります。
例えば、前歯が出ていることが気になるのでそこを重点的に矯正したい、などです。
それに合わせた治療プラン、大体の期間の目安、料金を割り出してもらい、治療が決まると、次にレントゲン撮影、虫歯になりやすいかどうか、唾液中のミュータンス菌の数の確認などになります。
レントゲンは妊娠中かどうかも確認して行かねばなりません。
ミュータンス菌は、生まれた時に大体の数が決まっており、虫歯になりやすい人は歯磨きに特に注意されたり、歯磨き指導を受けることになります。
矯正器具を付けているときに虫歯になると、一度器具を全て外して、歯科に治療に行かねばならず、その間せっかく矯正した歯列がまた戻ろうとしてしまうからです。
そのため次に虫歯があれば、治療前にすべて治すこと、そして抜かねばならない歯は抜歯することが求められます。
虫歯の治療、矯正に不必要な歯の抜歯がすべて済むと、初めて歯形をとり、矯正器具の作成となります。
そこからは器具の装着、矯正されたらさらに圧力がかかる矯正器具の作成、装着…といった流れで、理想の歯並びへと向かいます。大阪などで矯正歯科を探す時は意識しておいて下さい。矯正歯科探しにはネット検索が便利です。

歯列矯正中の注意点

大阪の矯正歯科で行う歯列矯正には、それなりの覚悟と時間がかかります。
まず、全ての虫歯を治療し、虫歯にならないよう日々注意すること、さらに歯並びを悪くしている、歯茎の変なところから生えている余分な歯を、数本は抜かなければなりません。
抜歯は言うまでもなく麻酔するもそこそこの痛みが数日にわたり伴いますが、それ以上に注意しないといけないのは虫歯の発生です。
矯正中は、矯正器具をつけたまま歯磨きすることになるので、とても歯ブラシが隙間に入りづらく、普段よりも歯磨きが難しくなります。
そのため虫歯になりやすくなりますが、虫歯になってしまうと、矯正器具を外して治療にいかねばならなかったりして、治療の流れが滞ってしまいます。
これを防ぐために推奨されているのが、まずは子ども用の小さな歯ブラシでの歯磨きです。
大人用の大きな歯ブラシだと、大きいのでサッと磨けている感覚になりますが、歯間や奥歯など届きにくいところは、磨けてなかったりします。
子ども用歯ブラシだと、小さいので歯磨きに時間はかかりますが、その分丁寧に磨くようになります。
さらに、ブラシもやわらかいものを使うと、歯を傷つけずに磨けます。
そして歯間ブラシも使うことがすすめられます。大阪の矯正歯科でも同様です。
虫歯に注意し、間食、甘味料が使われているジュースなどをたびたび飲まないようにすることが、矯正中の虫歯予防となります。大阪を始めとする矯正歯科利用の際はよく考えておきましょう。

Recommended Contents